lgf01a201312272000.jpg

何と言いましても、気づかれずに振る舞えるかが一番肝心なことなのです。男性を虜にする恋愛テクニックを実行するというだけではなく、不自然にならないように気を付けて振る舞う、「高い技術のある女優」のごとき行動がカギを握っています。
甘い出会いは、受け身の人にもたらされるものではなく、ポジティブにアクションを起こす人にもたらされるようになっています。素敵な出会いの実現のためには、立ち止まらずに多くの人の中に入り込んでいくことが重要になってきます。

貴方も男性を落とす恋愛テクニックを学習して、細やかなところに気が付くモテモテの女の人を目指しませんか?度を越してしまうと、男性が遠ざかっていくダメ女の元なので忘れずに。

実際に恋愛相談を持ち掛ける際には、「何に悩んでいて」「悩みを抱えた原因は何だろうか?」「こういった状態を自分としてはどのようにとらえているのか?」程度のことは、まとめておくことが必須です。

気づくといつも付き合っている人がいるというすごい女性はいませんか。その女性は実は、異性を燃え上がらせる「恋愛テクニック」で口説いているのではないでしょうか。


男女を結びつける出会い系サイトを使っている方には、結婚も考えた真剣な出会いのために使っている方々だっているし、お友達を希望している方や、あるいは彼氏彼女はどちらでもいいなんて方も少なくないことに注意する必要があるのです。

男女の恋愛に関しても、心理学の知識があれば、本来ならその男性とは大きな差がある容姿も中身も完璧な理想的な女の人とお付き合いすることも不可能ではありません。

サイトオリジナルのいわゆる定額制の支払いを採用している出会いサイトもあります。きっとそのサイトの方が無制限に使えるし、価格的にも安価になるのは確実です。

過去の恋人の男性にあなたの大切な恋愛相談を持ちかけるのは危険です。女性は淡々と切り替えられますが、反対に男性というのはなかなか気持ちが切り替わらない生き物なんです。過去の思い出にとらわれて、泣いてしまう男性もかなり多いとのこと。

人の心を理解する心理学を習得し、それらを良い具合に用いることによって、想定外の結果が出たという方もいらっしゃいます。こういうこともあるので、恋愛心理学を恋愛する方が学ぶのは大切なことなのです。


恋愛にとって、大切な心理戦の技術。結果に繋がる恋愛テクニックを身につければ、気になっているあの人との距離だって、近づける...そんなことも夢じゃないのは間違いありません。

自分のことを好ましく見せたい相手がいる場合に活用するのが、男女の恋愛テクニックですよね。自分自身ではちゃんと使いこなしているつもりでも、相手の男性には察知されているようなテクニックも多いのです。

最近見かける婚活というのは、結婚前提の真剣な出会いに巡り合うための活動のことを意味する言葉です。主体的に様々な動きをしない限り、結婚してくれる相手に出会うチャンスがない時代になったのです。

昼食も夕食も、一人ぼっちですませることが多いとすれば、素敵な出会いのチャンスを少なからず潰しているのと同じです。同僚や友人たちとワイワイと食事すれば、思いがけないほど出会いのきっかけが期待できます。

幼なじみや親友だとしても、恋愛の経験があまりない方には、恋愛相談はやめておきましょう。恋愛相談の相手は、経験豊富な人であるか、同一の男性と長くお付き合いしている人がふさわしいのです。

影の軍団3のDVDが届き、第一話を見た

ずーっと楽しみに待っていた影の軍団のDVD3のBOX1が先日届いて、その日に開封。
すぐ見たー。

すげーすげーの連発!
もう、鳥肌が立ちっぱなし状態で、どうしようもないすごい迫力。
いまではCGとかでしか出せない映像が、そのまんまの実写でのアクション。のすごさ。

タイトルバックの瞬間から、「すげー!」の連発。馬の横で爆薬?やばい!
馬が走るシーン。そして、馬上から、敵と戦うシーン。刀を合わせる。なんともいえません。すばらしい。そして、歌は、真田広之の歌唱。

第一話。
敵の親玉は、若山富三郎!!!このひとのオーラハンパないでしょう
キター!殺陣なこの人、若山富三郎。
刀の動きが見えない。こんなスピードで刀を振り回す人を、わたしはしりません。
刀が見えない。

そして、富三郎の迫力。そのオーラ。真田広之が劇中圧倒されるシーンがあるけど、本当に圧倒されているな、と演技を超えているような驚きいも印象が。

千葉真一との最後の殺陣シーンは迫力そのもの。千葉ちゃんを超えているけど、千葉ちゃんに負ける。ま、主人公は死なないけど、あきらかに、若山富三郎のほうが、上の殺陣。
ラストシーンの手前の女性を切るシーンでは、映像みていても刀がみえなかった。とりあえずは、流してみたけど、いつか、何度もそのスピードのすごさを確認することだろう。

仕事も忙しいから、毎日は見れないけど、週一回、一話づつでもみていこうと思うなあ・・・・
こりゃすごい。
DVD?もよかったけど、?は超えているなあ・・・・。

真田広之と志穂美悦子。この二人が、軍団の一員ってのが、良いね。前回のシリーズでは、志穂美悦子は敵役だったし・・・・

この時には、真田広之のアクションのキレは、常人のレベルを超えている。キレがすさまじい。
楽しいな・・・・。

自由だな・。・。・

お金についての知識が大事だ、って言われてきてはや数十年だろう

それだけ、日本経済がデフレに覆われていたということだ
1990年バブル天井
そして、デフレがほぼ出きっただろう2012年。

2012年、円相場は対ドルで78円とかだった。
まだ、デフレまっただ中の状況だった
ひどいレベルまでの、第2の波
1995年だったと思うけど、ドル円80円割れ
第1の波
いまでも忘れていない

だけど結局、波はあるけど、22年間ほぼずっと円高・デフレだったことになる。
確かに、モノの値段は下がりまくった

100円ショップをかんがえてみればわかる。

20年前に、2000円、3000円で売っていたものが、100円で売っている。
そんなモノがいっぱいある

たとえば、箸
20年前、2000円ぐらいで売っていたような質の良い箸。
100円で選び放題。家にあるのはすべてそうだ。
耐久性もある

鍋。3000円ぐらいで売っていた鍋。300円で売っている。
フライパン、300円

ステンレス製のボールや網。200円で売っている。
質は悪くない。

クギとか、金槌とか、ペンチとかそういった工具類も、100円だ。
文房具は、ほとんど100円ショップで売っている。
シャープペンシルの芯なんかも100円。20年前なら、600円とかだったろう

ものさしセットも100円。
2000円ぐらいしたよな

必要なモノも、価格は20分の一になったレベルだ。

それだけものの値段が下がったことで、この20年以上、日本のお金、円の価値が大きく上がった
世界的にみれば、わかるんだけど、国内にいれば実感はない。
だから、ふりかえらないと

生活実感としてよくわかる

いまの20代の男女は、みんな、カネカネカネとことあるごとに言っている。
しかし、人間は環境に適応するモノ。
これは、現在の状況、社会、経済を間違いなく現している
無視してはいけない。
カネの価値が大きく上がったんだ

老人はカネがある。
はっきりいって、日本経済の勃興とともに生きただけだ。
いまの20代や30代より質がよかったか。違う。
たまたまだ。
老人が偉そうにしていると、非常にむかつくんだよなあ・・・
たまたま、戦後の高度成長期に生まれただけなのに
話をすれば、老人世代60歳以上の男女のレベルの低さがよくわかる


ただ、おかげでモノを買うのに安いお金で買えるようになった。
そして、物質を欲することは変わっていないから、お金を求める人間がますますふえてきているのだろう

今後も、変わらないのだろうか?

インフレになれば、どうなっていくのか。

最近3年間でのインフレ率の上昇は、ひどいレベルになっている。
特に食品。
おまけに消費税アップ
あほすぎ官僚

急激にお金の価値が下がってきている昨今、よりいっそう物質を求める人がふえていくように思う

だが、インフレになれば間違いなく、
欲しいモノ、必要なモノが買えない人が、今後大いに増えることになっていく

そんなことに気づいている人がどれだけいるだろうか
われわれ庶民ほど、制度にだまされないように、知っておかないといけないことなんだけど

さて、どうしていこうかな・・・・

出会い系サイト 女性無料

刺激になった、マーラー

まだまだ足りない。まだまだ考えないといけないことがある。ぜんぜんだ。在るんだよね、どこまでも考え尽くさないと、出てこない。出て来るときは、なんとんかう脳が活性化された時だ。

そう考えれば、昨日コンサートでマーラーを聴いてきた。100分の大作。途中、自分が寝ているのか、夢をみているのか、わからなくなる瞬間、というか、けっこう長い時間のはあうなんだけど、、、あった。説明が難しい。とに会えず、寝汗を感じたぐらいだから、やっぱり、20分とか30分とかそんな状況になっていたのかもしれない。
演奏が終わった後も、拍手すらできず、ボー、となってしまった。久しぶりだな。。。けっこう、隣りの男女も演奏終わっても、数分拍手せず、せずではなくて、できずだろうけど、ぼーとしていた。同じ感覚なんだおるかなと・・・。

一番前だったからか・・・。ひさしぶりに一番前で聞いた。音が、もはや、全部。周りがなくなる感覚。
マーラーは復活でも、そんなことがあったな・・・・。ベートーヴェンの9番のやっぱりあった。ドヴォルザーク7番もかな・・・・。
そんなとこだろうか、やっぱり作曲家のはまった曲はヤバい、などこまでも、深く自分の中に。。。。

ということで、活性化されると、その時、その日は動けなくなるし、次の日は、なんとなく、なんか、フレッシュになるというか、新しい感じになれるというか、頭の回転が増すと言うか・・・・。そんな感じになるのだ。

女性とあった時、いい女性、聡明な女性と会ったときにも、そんなかんじがすることもある。人間のもつふしぎな部分なんだろうか。。。曲は、そうゆう、説明できないふしぎな部分、人に影響を極端に与える部分を表現しているという、それも、意図して作っている、表現しているのだから、やっぱり、作曲家ってとんでもない人間なんだなとつくづく思う・・・。

回転、発送、刺激、なんとなく、よかった感で、今日一日過ごせるか・・・。
あ、考えているだけではダメだな・・・。

整理するために書くの

ほんとうによくわからない中で生きてきたんだ。いままでは。これからもそうなのかもしれないけれど、たぶん、少しは自覚的になってきているのだろうかと思う。

自分の感覚なんて、ほんとうに理解しているひとのなんと少ないことか・・・・。いや、自分自身がそうだったのだ。だからこそ、そう思う。感覚が戻ってきたというか、もともとあったものが、生まれたときの感覚hが、戻ってきたのだ。。。


いかに、洗脳されてきていたのかが、ほんとうにそう思える。世の中とは、洗脳するためのシステムなのだ。誰かが、コントロールしているのかもしれないけど、コントロールできるものなのかな・・・・。うーーーんn。よくわからない。わからないと、けっこう考える。そして、わからなければ、一応、そのままに、。。。でも、昔と違うのは、そのわからないことが、それとなく残っていて、いずれ、どこかの時点でその答えがみつかることが多い野だ。

そんな感じで最近は過ごしてきている。
自由な時間が少し増えてきているって事なのだろう。まだ、完全ではない。まだまだ、完全ではない。

うーーん。これはもしかしたら、完全な自由とは、死んだあと、というか、死ぬことが自由なのか?
そうなのか・・・。そんな気がする。当たりだな・・・・。

完全に、生きている間は完全に自由にはなれないのか???さて、はてさて・・・。

どうなのか、、、はたして続けることができるのだろうか、それもわからない。

とりあえず気づいたことを書こう。整理できるだろ、頭が・・・・